遺伝子組換え・ゲノム編集生物

遺伝子組換え・ゲノム編集生物

日本で遺伝子組換え生物を利用するためには、カルタヘナ法に基づく環境に対する安全性 (生物多様性影響)、食品衛生法に基づく食品としての安全性、飼料安全法に基づく飼料としての安全性について評価を行うことが法律により定められています。国内での遺伝子組換え生物の流通、利用、栽培のためには、これらの審査をクリアする必要があります。
また、近年、農林水産分野、食品分野で注目されているゲノム編集技術を用いた生物については、国内での利用に先立って厚生労働省および農林水産省 (飼料・環境) へ届出を行うことが求められています。
当社では遺伝子組換え生物およびゲノム編集技術を用いた生物に関する申請・届出業務をサポートいたします。

当社のサービス