農薬・バイオラショナル・
GLPアーカイブ

農薬バイオラショナル

現代の世界的な農薬規制環境は、膨大な数の国内および国際的な規制と政策協定によって定義されています。農薬規制は、今まで以上に、人間の健康と安全、および環境の持続可能性に対する需要の高まりによって発展していくことでしょう。 この傾向にもかかわらず、世界のさまざまな地域での登録基準は依然として大きく異なり、個々の国や地域の経済発展、政治目標、農業政策によって形作られています。 その結果、ターゲットとする市場で絶えず変化する規制に対応することは、業界にとって課題となっています。

当社はヨーロッパの農薬規制が始まった1989年以来、EUにおいて長年に渡りその深い専門知識から優れた評価を得ています。
当社は、EUにおける農薬および生物農薬の登録サービスに関する豊富な経験をもち、日本においても高水準の規制および科学的ガイダンスを提供することでお客様の申請登録をサポートしています。

規制プロジェクトのすべてのフェーズにおいて、お客様、規制、科学の専門家の間の緊密に連携を取ることにより、規制当局への登録申請を成功へと導きます。

GLP/アーカイブ

私たちは、2004年にドイツで最初のGLP契約保管施設としてドイツ当局から認定されました。 それ以来。 当社は、当局による定期的な間隔で行われる公式の再検査に合格しています。
当社のもつGood Laboratory Practice(GLP)に準拠した規制・科学データの保管における約30年の経験に基づき、科学的アーカイブとデータストレージの両方で、当社はお客様にすべての規制上のニーズを満たす持続可能な全体的なコンセプトを提供します。

私たちのクライアントは、多様なアーカイブ資料のための適切で効率的で完全に安全なストレージを提供するヨーロッパおよび各国のためのアーカイブの恩恵を受けています。
当社は、高い安全性をもつデータ保持要件により規制遵守を保証すると同時に、必要な際に高い信頼性をもってデータにアクセスできる環境を提供します。
当社の提供するアーカイブソリューションを使用することは、データを保護、保存、管理するための最良かつ最も簡単な方法であり、専門的なストレージとデータ管理における経験と専門知識を活用できます。

私たちが提供するもの